行政書士とは

行政書士は、法律を専門とした国家資格で、国民生活に密着した行政サービスを行う法務のスペシャリストです。
行政書士は、書類の作成や提出の代行、そして書類作成に関する相談業務などを担当することも可能です。
更に、許認可申請を行うだけではなく、会社の会計業務に携わり、予防法務のスペシャリストとして、トラブルを未然に防ぎ法務的観点を備えたアドバイスを行います。

予防法務とは

将来予測することができる法的なリスクを防ぐために、措置を取ることです。
例えば、書類の不備が元になった労働関係の争いは、契約書を作成する際に書類に予め織り込んでおくことで、防ぐことができます。

秘密保持の義務

行政書士の業務のひとつである、相談・アドバイスは、お客様に心を開いてお話していただく必要があります。
お悩みやその原因を正確に理解していないと、適切なアドバイスを送ることができません。そのため弊所では、丁寧にヒアリングを行うことを心掛けています。

行政書士には、「行政書士倫理」が設けられており、秘密保持の義務や違法行為の助長等の禁止が定められています。
ご相談・ご依頼の内容は、秘密保持の義務によって守られておりますので、安心してご相談ください。

PAGE TOP
;