特定活動ビザの種類

在留資格の「特定活動」に関する(特定活動ビザ)については、入管法上、「法務大臣が個々の外国人について特に指定する活動」と定義をされておりますので、特定活動というだけでは内容を判断することができません。

特定活動ビザの種類

特定情報処理活動

「特定情報処理活動」は、特定活動ビザの1つです。
外国人の方が、日本の公私の機関との契約に基づき、自然科学、または人文科学の分野に属する技術、または知識を要する情報処理に係る業務に従事する活動を行うための在留資格です。

詳しくはこちら

特定研究活動

「特定研究活動」は、特定活動ビザの1つです。
当該特定の分野に関する研究や研究の指導などを行ったり、これらに関連する事業を自ら経営する活動のための在留資格です。

詳しくはこちら

特定研究と特定情報処理ビザの家族

「特定研究と特定情報処理ビザの家族」は、特定活動ビザの1つです。
特定研究等活動または特定情報処理活動を行っている外国人の扶養である、配偶者や子供、もしくは同居している扶養者の父母や配偶者の父母が、申請することができる在留資格です。

詳しくはこちら

建設業特定活動ビザ

建設業特定活動ビザとは、2020年に開催が決まった東京オリンピックに向けた建設需要の高まりに対応するために創設されたビザで、2021年3月31日までに限定されています。

詳しくはこちら

PAGE TOP
;