インターンシップ、サマージョブ、国際文化交流

概要

インターンシップ、サマージョブ、国際文化交流

特定活動ビザの該当する1つで「インターンシップ、サマージョブ、国際文化交流」というのがあります。 これは外国の大学生が、

インターンシップ(学業等の一環として、日本の企業等において実習を行う活動)を希望する場合 サマージョブ(学業の遂行および将来の就業に資するものとして、夏季休暇等の期間(3ヶ月を超えない期間)を利用して日本の企業等の業務に従事する活動)を希望する場合 国際文化交流(大学の授業が行われない3ヶ月を超えない期間、日本の地方公共団体が実施する国際文化交流事業に参加し、日本の小中学校等において国際文化交流に係る講義を行う活動)を希望する場合 以上3点の場合におりる特定活動ビザです。 サマージョブと国際文化交流で特定活動ビザを取得する場合 ビザの在留期間更新許可申請はありません。

特定活動ビザ取得の要件

  • インターンシップを希望する大学生の要件 外国の大学の学生が、当該教育課程の一部として、当該大学と日本の公私の機関との間の契約に基づき当該機関から報酬を受けて、1年を超えない期間で、かつ、通算して当該大学の修業年限の2分の1を超えない期間内当該機関の業務に従事する活動であること。
  • サマージョブを希望する大学生の要件 外国の大学の学生が、その学業の遂行および将来の就業に資するものとして、当該大学と日本の公私の機関との間の契約に基づき当該機関から報酬を受けて、当該大学における当該者に対する授業が行われない期間で、かつ、3ヶ月を超えない期間内当該大学が指定した当該機関の業務に従事する活動であること。
  • 国際文化交流を希望する大学生の要件 外国の大学の学生が、地方公共団体が実施する国際文化交流を目的とした事業に参加し、日本の公私の機関との契約に基づき当該機関から報酬を受けて、当該大学における当該者に対する授業が行われない期間で、かつ、3ヶ月を超えない期間内、日本の小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、専修学校または各種学校において、国際文化交流に係る講義を行う活動であること。
  • 受け入れ機関の要件 ① 申請者に対し、在留期間中の住居の提供、その他必要な支援を行う体制を整備していること。 ② 申請者の出入国と在留に係る十分な管理体制を整備していること。

申請の流れ

  1. 申請書類の作成、その他必要書類を揃える。 ① 申請書類と添付書類 ② 写真(縦4cm×横3cm) 1葉 ※申請前3ヵ月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。 ※写真の裏面に申請人の氏名を記載し、申請書の写真欄に貼付してください。 ③ その他 【在留資格認定証明書交付申請の場合】 ・返信用封筒(定形封筒に宛て先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼 付したもの) 1通 【在留資格変更許可申請と在留期間更新許可申請(インターンシップのみ)の場合】 ・パスポート及び在留カードを提示 ・ハガキ(住所・氏名を書く)
  2. 入国管理局へ申請 上記書類を提出する。
  3. 結果の通知 申請時に入国管理局に渡した封筒、もしくはハガキで、結果の通知が届く。
  4. 入国管理局での手続き 【在留資格認定証明書交付申請の場合】 不要です。 【在留資格変更許可申請と在留期間更新許可申請(インターンシップ)の場合】 入国管理局へ行き、収入印紙を購入し、受領サインをする。

申請に必要な添付書類

インターンシップ、サマージョブ、国際文化交流の特定活動ビザに必要な書類は基本的には以下の通りとされていますが、人によって必要書類が異なります。

≪インターンシップの添付書類≫

【在留資格認定証明書交付申請の場合】 1. 在学証明書 1通 2. 申請人が在籍する外国の大学と日本の受け入れ機関との間で交わしたインターンシップに係る契約書の写し 1通 3. 申請人が在籍する外国の大学からの承認書、推薦状および単位取得等教育課程の一部として実施されることを証明する資料 適宜 4. 申請人の日本での活動内容、期間、報酬等の待遇を記載した資料 1通 5. 申請人のインターンシップでの過去の在留歴を明らかにする資料 適宜 ※ 過去にインターンシップで日本に在留したことがない場合は、その旨を文書にして提出してください。 6. 申請人の在籍する大学の修業年限を明らかにする資料 適宜 【在留資格変更許可申請の場合】 1. 在学証明書 1通 2. 申請人が在籍する外国の大学と日本の受け入れ機関との間で交わしたインターンシップに係る契約書の写し 1通 3. 申請人が在籍する外国の大学からの承認書、推薦状および単位取得等教育課程の一部として実施されることを証明する資料 適宜 4. 申請人の日本での活動内容、期間、報酬等の待遇を記載した資料 1通 5. 申請人のインターンシップでの過去の在留歴を明らかにする資料 適宜 ※ 過去にインターンシップで日本に在留したことがない場合は、その旨を文書にして提出してください。 6. 申請人の在籍する大学の修業年限を明らかにする資料 適宜 【在留期間更新許可申請の場合】 1. 申請人が在籍する外国の大学からの承認書等、日本での活動期間の延長を証明する資料 適宜

≪サマージョブの添付書類≫

​【在留資格認定証明書交付申請の場合】 1. 在学証明書 1通 2. 申請人の休暇の期間を証する資料 1通 3. 申請人が在籍する外国の大学と日本の受け入れ機関との間で交わした契約書の写し 1通 4. 申請人の日本での活動内容、期間、報酬等の待遇を記載した資料 1通 【在留資格変更許可申請の場合】 1. 申請人の休暇の期間を証する資料 1通 2. 申請人が在籍する外国の大学と日本の受け入れ機関との間で交わした契約書の写し 1通 3. 申請人の日本での活動内容、期間、報酬等の待遇を記載した資料 1通

≪国際文化交流の添付書類≫

【在留資格認定証明書交付申請の場合】 1. 在学証明書 1通 2. 申請人の休暇の期間を証する資料 1通 3. 申請人と日本の受け入れ機関との間で交わした契約書の写し 1通 4. 地方公共団体が作成した外国の大学生を受け入れるための要件を満たしていることを証明する資料(事業計画等) 1通 【在留資格変更許可申請の場合】 1.申請人の休暇の期間を証する資料 1通 2.申請人と日本の受け入れ機関との間で交わした契約書の写し 1通 3.地方公共団体が作成した外国の大学生を受け入れるための要件を満たしていることを証明する資料(事業計画等) 1通

申請書類作成時の注意点

1. 日本で発行される証明書はすべて、発行日から3ヵ月以内のものを提出してください。 2. 提出書類が外国語のものであるときは、訳文を添付してください。
PAGE TOP
;