帰化申請と永住申請の違い

帰化申請と永住申請はどちらも長く日本に住みたい人にとって興味のある申請だと思います。それぞれどう違うのか理解したうえでどちらの申請にするか選びましょう。

日本に長く住みたいと思っている方は帰化申請をするか永住申請をするかで迷う方が多くいます。

帰化申請をすると日本国籍(日本のパスポート)を取得し、日本国民として日本で暮らすことができます。

ただし、日本では重国籍を認めていないため、母国の国籍を失うことになります。

母国が日本のパスポートで渡航できる場合はパスポートのみで帰ることができますが、そうでない場合にはその国のビザが必要です。

永住申請をすると母国の国籍のまま、期限なく日本に在留することができます。

母国へ帰る場合も、母国の国籍を持ったままなのでビザ無しで帰ることができます。

帰化をすると日本人のパスポートを取得したり、日本人にしか認められない権利(選挙権等)が認められます。

しかし、自分の国の国籍を失うというデメリットもあるので帰化申請をするか永住申請をするかは慎重に考えてください。

PAGE TOP
;