出入国管理在留資格外国人留学生外国人雇用特定技能特定活動ビザ短期滞在経営・管理ビザ転職配偶者ビザ難民

【在留資格の変更】「短期滞在」から「日本人の配偶者等」・「永住者の配偶者等」・「定住者」へは変更できる?

女性

⇒This page supports multiple languages; you can click the upper right corner to select your language

⇒此网页支持多语言,可点击右上角切换

 「短期滞在」ビザとは、「観光、商用、知人・親族訪問等90日以内の滞在で報酬を得る活動をしない場合(外務省HPより)」に許可される滞在資格です。

 「商用」とは、市場調査、業務連絡、商談、契約調印、輸入機械のアフターサービス等を意味します。その他、親善訪問、スポーツ、保養、競技会やコンテスト等へのアマチュアとしての参加、大学等の受験、などを目的として短期滞在ビザが発給されます。

 何らかの理由(感染症の流行など)によって、短期滞在ビザの期限までに自国に帰国できない場合等の対応については、こちらの記事⇒「短期滞在ビザとは?新型コロナウイルスによる短期滞在ビザの延長方法など」を参考にしてください。

 今回は、「短期滞在ビザから、他の在留資格に変更ができるのか?」についてお話していきます。

●今回の記事のポイント

1. 短期滞在ビザから、滞在中に他の在留資格に変更できる?

2. 変更が認められるのはどのような場合?

3. その他「やむを得ない特別な事情」とは?

 
1. 短期滞在ビザから、滞在中に他の在留資格に変更できる?

 観光や親族訪問等を目的として「短期滞在」のビザで日本に滞在している外国人は、原則として他の在留資格(ビザ)への「変更」の申請はできません。ただし、その変更の申請をすることに「やむを得ない特別の事情」がある場合には、変更の申請が認められます。

 これは、「短期滞在」は他のビザと比べて比較的簡単な審査によってビザが発行されていること、申請人の国籍によっては審査を経ないで短期滞在のビザで来日できる場合もあること、長期滞在を予定している外国人の方には入国時に厳格な審査を行っていること等が関係していると思われます。

 実際に、短期滞在で日本に滞在している間に、「技術・人文知識・国際業務」等の就労ビザに直接の変更申請は認められません。その場合には、上記の「やむを得ない特別の事情」も認められないのです。

 

2. 変更が認められるのはどのような場合?

 それでは、どのような場合に「やむを得ない特別な事情」が認められ、「短期滞在」から他の在留資格への変更申請が認められるのでしょう?

 まず、上で説明をした「短期滞在」で日本滞在中における「技術・人文知識・国際業務」等の就労ビザ申請の場合の「やむを得ない特別な事情」とは、『「技術・人文知識・国際業務」等の就労ビザの在留資格認定証明書が交付されていること』が挙げられます。

 つまり、「短期滞在」から帰国することなく「技術・人文知識・国際業務」等の就労ビザに変更をしようとする場合には、「短期滞在」ビザで来日中に在留資格認定証明書の交付申請をして、「短期滞在」の在留期限までに在留資格認定証明書の交付を受け、交付を受けた在留資格認定証明書を添付してビザの変更申請をします。

 このような方法をとれば、「短期滞在」から帰国することなく他の就労ビザへの変更を実現できます。

3. その他「やむを得ない特別な事情」とは?

 では、短期滞在で来日中に、「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」、「定住者」への変更申請をすることはどうでしょうか。

 この場合には特別な事情にあたるために、「短期滞在」ビザから「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」という身分系のビザに直接変更することが認められます。上で説明をした就労ビザへの変更と比べ、かなり容易ですね。

 このように、身分系のビザと分類される「日本人の配偶者等」や「永住者の配偶者等」というビザは、就労制限が無いというだけでなく、申請の方法の面からも、他のビザよりも魅力的であるといえます。

 

■この記事を書いた人■

澤村 和三(さわむら かずみ)

出入国在留管理庁申請取次者。年間ビザ申請1,000件を誇る行政書士法人Climbの中心を担う行政書士です。関西学院大学 法務博士(専門職)、米オハイオ州立大学に留学経験あり。

⇒この先生が所属する「行政書士法人Climb」に相談する

 

関連記事

9:00~19:00(土日祝除く)

365日24時間受付中

無料相談・お問い合わせ

quick
PAGE TOP