出入国管理国籍在留資格外国人留学生外国人雇用家族滞在就労ビザ帰化(日本国籍取得)技能実習生永住特定技能特定活動ビザ登録支援機関短期滞在経営・管理ビザ転職配偶者ビザ難民

旅券(パスポート)の不正取得防止について

外務省より、他人になりすまして旅券(パスポート)を不正に取得する事案が発生していることから、不正取得防止のために審査を強化すると発表がありました。以下に記載させて頂きます。

 なりすましによる旅券の不正取得事案が依然として発生している状況を踏まえ、2月20日の「旅券の日」に合わせて、全国の旅券事務所で「なりすましによる旅券不正取得防止のための審査強化期間」を実施します。実施期間は、2月20日から3月4日までです。

 他人になりすまして不正取得された旅券は、不法な出入国に使用され、国際テロや人身取引・不法移民等の国際組織犯罪の発生を助長するほか、他人名義での借金、あるいは振り込め詐欺等の犯罪に使用するための携帯電話契約や銀行口座の開設に悪用されるなど、さらなる犯罪被害につながるおそれがあります。

 審査強化期間中は、各都道府県旅券窓口において、本人確認の重要性について、申請者から理解を得ながら、本人確認の審査を厳重に行うとともに、警察等関係機関との連携を密にして、他人になりすました者による旅券の不正取得の未然防止と撲滅を図ります。

[参考事項]
過去5年間に把握したなりすましによる旅券の不正取得数は、令和元年が8冊、令和2年が3冊、令和3年が3冊、令和4年が3冊、令和5年が5冊。

不正な行為でパスポートを取得した場合、5年以下の懲役または300万円以下の罰金が科されます

詳細は外務省のページをご確認下さい。

 

関連記事

  1. 女性

9:00~19:00(土日祝除く)

365日24時間受付中

無料相談・お問い合わせ

quick
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights